【最新】FRONTIER(フロンティア)のおすすめゲーミングPC

※当ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
※当ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
ws6084070ti13700 ws609308013700 ws616407013700 ws710409013900 ws720407013400 ws7274070ti13900 ws817407013700 ws82440701370032gb ws9214070ti13700 ws9224070ti13900 ws10184070ti13700 ws10204070ti13700 ws10194070ti5700 ws10254070ti13700 ws14070ti14700k ws12074070ti13700 ws12124070ti13700 ws1219407013700 ws12214070ti13700

BTOメーカーとして、破格のコスパを誇るゲーミングPCを実現しているFRONTIER。

FRONTIERのゲーミングPCを購入したいけど、セールの切り替えが多く、どのゲーミングPCモデルがおすすめなのか、分からなくなる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、FRONTIERの最新ゲーミングPCおすすめをご紹介してます。

FRONTIERとは

FRONTIERは、とにかくコスパが良いBTOショップです。コスパの点では他のBTOメーカーよりも、圧倒的なコスパの良さがあると言えます。

ただFRONTIERのPCモデルでコスパが良いモデルは、セールにラインナップしているモデルになるのでご注意を。通常ラインナップのPCモデルは、相場標準の価格になります。

セール品はとにかく破格のコスパです。どのスペック帯でも他のBTOメーカーでは、簡単に実現出来ないであろう価格となっています。なのでFRONTIERのゲーミングPCは、常に開催されているセール対象のものをチェックしとけば問題ありません。

またFRONTIERは破格のコスパを誇る反面、納期が約5日と若干遅いのも特徴的です。FRONTIERは、コスパが良いゲーミングPCを、計画的に購入したい方におすすめでしょう。

FRONTIERのゲーミングPCが安い理由

前述した通り、FRONTIERは破格のコスパのゲーミングPCが用意されていますが、なぜそこまで安いのでしょうか。

結論安い理由は薄利多売のビジネスモデルのため、ヤマダ電気が母体のためだと考えられます。正直他の点で、安い理由が見つからないです。

PCモデルの構成も他社のBTOメーカーと同等で、品質が悪いこともないんですよね。

FRONTIERが他のBTOメーカーのモデルよりも、2〜4万円安いのはその点からだと考えられます。

FRONTIERのおすすめゲーミングPC

第1位 FRGKB760/WS111/NTK(RTX 4060Ti×Core i5-14400)

価格:159,980円(税込)/ CPU:Core i5-14400F / グラボ:GeForce RTX 4060Ti / メモリ:DDR4-3200 32GB / ストレージ:SSD 1TB NVMe対応 / 電源:600W 80PLUS BRONZE / OS : Windows 11 Home

FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCモデルになります。RTX 4060TiとCore i5-14400搭載モデルの中で、最安値を誇る一台です。

グラボのRTX 4060Tiは、WQHD環境や、フルHD高フレームレート環境でのゲームプレイが可能です。CPUのCore i5-14400は、グレード5ながらグレード9の3世代前、Core i9-11900をも上回るコア数とパフォーマンスを持ちます。

メモリはDDR4-3200 32GB、ストレージ容量はSSD 1TBと、クリエイターの方にも嬉しい容量です。電源ユニットは600W BRONZEと、全パーツの消費電力に対して、非常に余裕のある容量になります。

フロンティアの台数限定セールで安くなっているモデルなので、購入を検討している方は早めの購入を検討下さい。

FRGKB760/WS111/NTK(FRONTIER)の評価と紹介

第2位 FRGKB760/WS1221/NTK(RTX 4070Ti SUPER×Core i7-14700)

価格:269,800円(税込)/ CPU:Core i7-14700F / グラボ:GeForce RTX 4070Ti SUPER / メモリ:DDR4-3200 32GB / ストレージ:SSD 1TB NVMe対応 / 電源:850W 80PLUS GOLD / OS : Windows 11 Home

FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCモデルになります。RTX 4070Ti SUPERとCore i7-14700の組み合わせで、破格の最安値を誇る一台です。

グラボのRTX 4070Ti SUPERは、4K高フレームレート環境でのゲームプレイが可能です。CPUにはインテル14世代の最新物、Core i7-14700を搭載しています。20コア28スレッドと素晴らしく、1世代前のCore i7-13700とCore i9-13900の、中間性能を持つCPUです。

メモリはDDR4-3200 32GB、ストレージ容量はSSD 1TBと、クリエイターの方にも嬉しい容量です。電源ユニットは850W GOLDと、全パーツの消費電力に対して、非常に余裕のある容量になります。

フロンティアの台数限定セールで安くなっているモデルなので、購入を検討している方は早めの購入を検討下さい。

FRGKB760/WS1221/NTK(FRONTIER)の評価と紹介

第3位 FRGKB760/WSA/NTK(RTX 4070 SUPER×Core i7-14700)

価格:235,800円(税込)/ CPU:Core i7-14700F / グラボ:GeForce RTX 4070 SUPER / メモリ:DDR4-3200 32GB / ストレージ:SSD 1TB NVMe対応 / 電源:750W 80PLUS GOLD / OS : Windows 11 Home

FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCモデルになります。RTX 4070 SUPERとCore i7-14700の組み合わせで、破格の最安値を誇る一台です。

グラボのRTX 4070 SUPERは、4K高フレームレート環境でのゲームプレイが可能です。CPUにはインテル14世代の最新物、Core i7-14700を搭載しています。20コア28スレッドと素晴らしく、1世代前のCore i7-13700とCore i9-13900の、中間性能を持つCPUです。

メモリはDDR4-3200 32GB、ストレージ容量はSSD 1TBと、クリエイターの方にも嬉しい容量です。電源ユニットは750W GOLDと、全パーツの消費電力に対して、非常に余裕のある容量になります。

フロンティアの台数限定セールで安くなっているモデルなので、購入を検討している方は早めの購入を検討下さい。

FRGKB760/WSA/NTK(FRONTIER)の評価と紹介

第4位 FRGAG-B550M/WS205/NTK(RTX 4060Ti×Ryzen 7 5700X)

価格:149,980円(税込)/ CPU:Ryzen 7 5700X / グラボ:GeForce RTX 4060Ti / メモリ:DDR4-3200 32GB / ストレージ:SSD 1TB NVMe対応 / 電源:600W 80PLUS BRONZE / OS : Windows 11 Home

FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCモデルになります。RTX 4060TiとRyzen 7 5700X搭載モデルの中で、最安値を誇る一台です。

グラボのRTX 4060Tiは、WQHD環境や、フルHD高フレームレート環境でのゲームプレイが可能です。CPUのRyzen 7 5700Xは、Core i5-14400同等の性能を持つ、コスパに優れたCPUになります。

メモリはDDR4-3200 32GB、ストレージ容量はSSD 1TBと、クリエイターの方にも嬉しい容量です。電源ユニットは600W BRONZEと、全パーツの消費電力に対して、非常に余裕のある容量になります。

フロンティアの台数限定セールで安くなっているモデルなので、購入を検討している方は早めの購入を検討下さい。

FRGAG-B550M/WS205/NTK(FRONTIER)の評価と紹介

FRONTIERのセール情報

FRONTIERといえば、常時開催のセール。とにかくコスパ重視のゲーミングPC購入には、間違いないセールです。

コスパ重視のゲーミングPCおすすめランキングはこちら

ゲーミングPCおすすめランキング【コスパ重視】