240Hz(fps)出せるゲーミングPCのスペックとは

※当ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
※当ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

APEX LEGENDSやVALORANTなどのFPSゲームに触れ、ゲーミングPCの購入を検討している方は多いのではないでしょうか。

ゲーミングPCを購入しようと考えた時に、必ず悩みの種になるFPS値(フレームレート)。FPS値で最高レベルを目指すなら、やはり240Hz(fps)という数字は1つの目安になっています。

本記事では、FPS値が240Hz(fps)でるゲーミングPCのスペックをご紹介します。なお、今回ご紹介するゲーミングPCのスペックはAPEX、VALORANTといった軽めのFPSゲームにおいて、240Hzを狙えるスペックです。TARKOFなどの重いゲームでは240Hzは出ないのでご注意下さい。

240Hz(fps)を出すスペックとは

結論、240Hz(fps)を出すスペックは、グラフィックボード(以下略 : グラボ)でほとんど決まります。また、CPUとメモリも若干影響します。

グラボでfps値が決まるのは、グラフィックボードが、映像を出力する装置を担っているためです。CPUがfps値に若干影響するのは、グラボを統制している装置であるためになります。

また、特にCPUがfps値に影響するのは、フルHD解像度でのゲームプレイ時です。WQHD、4K解像度でのゲームプレイ時は、グラボへの依存度がかなり高くなります。WQHD、4K解像度でのゲームプレイ前提ならば、CPUスペックは若干妥協しても良いでしょう。CPUも妥協したくない、高性能CPUを使って作業したいなどの気持ちがある方は、妥協しないほうが良いです。

前述した内容から、フルHD解像度でのゲームプレイを考えている方は特に、グラボとCPUは重要視した方が良いと伝わったのではないでしょうか。

つまり結局は、予算内で出来るだけ良い、グラボとCPUの組み合わせを選ぶのが、重要です。具体的な組み合わせに関しては、次の見出しでお話ししていきます。

またメモリの影響は、ゲームの推奨スペックに、メモリが足りていない時に起こります。逆に言えば推奨スペックさえ超えているなら、メモリの増強でフレームレートは上昇しないです。

現在においてメモリは32GB有れば、どんなゲームでも足ります。またそもそも、240Hz(fps)を狙うゲーミングPCには、標準で32GBのメモリが構成されているのが多いので、気にする必要もないでしょう。

240Hzを出せる組み合わせとおすすめPC

240Hz(fps)を出す、具体的なグラボとCPUの組み合わせは以下の3つです。おすすめの組み合わせ順で、ご紹介します。

  • グラボ RTX 4060Ti & CPU Ryzen 7 5700X
  • グラボ RTX 4060Ti & CPU Core i5-14400
  • グラボ RTX 4070 SUPER & CPU Core i7-14700

グラボ RTX 4060Ti & CPU Ryzen 7 5700X

1つ目の組み合わせは、グラボ RTX 4060Ti & Ryzen 7 5700Xです。

APEXやVALORANTを低画質設定(フルHD)にすると、平均240Hzを出せ始める組み合わせになります。なおVALORANTでは、平均400Hzほど出せるスペックです。

グラボ RTX 4060Ti & CPU Ryzen 7 5700XのPC相場は、18万円ほどです。APEXやFORTNITEなどの人気なfpsゲームで、240Hz(fps)を実現出来始めるために、人気なスペックになります。

また、ゲームの画質設定を最高設定のまま平均240Hz(fps)を出すには、相場が26万円ほどのゲーミングPCが必要です。画質設定を下げたくない方は、後述する組み合わせを参考にして下さい。

予算20万円を超えずに平均240Hz(fps)を出したい方は、RTX 4060Ti & Ryzen 7 5700Xの組み合わせ一択です。

RTX 4060Ti & Ryzen 7 5700XのおすすめPC(コスパ×信頼性重視)

FRGKB550/WS627/NTK

価格:164,980円(税込)/ グラボ:GeForce RTX 4060Ti / CPU:Ryzen 7 5700X / CPUクーラー:空冷CPUクーラー / メモリ:DDR4-3200 32GB / ストレージ:SSD 1TB NVMe対応 / 電源:600W 80PLUS BRONZE / OS : Windows 11 Home

FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCモデルになります。RTX 4060TiとRyzen 7 5700X搭載モデルの中で、トップクラスのコスパを誇る一台です。

グラボのRTX 4060Tiは、WQHD環境や、フルHD高フレームレート環境でのゲームプレイが可能です。CPUのRyzen 7 5700Xは、Core i5-14400同等の性能を持つ、コスパに優れたCPUになります。

メモリはDDR4-3200 32GB、ストレージ容量はSSD 1TBと、クリエイターの方にも嬉しい容量です。電源ユニットは600W BRONZEと、全パーツの消費電力に対して、非常に余裕のある容量になります。

フロンティアの台数限定セールで安くなっているモデルなので、購入を検討している方は早めの購入を検討下さい。

FRGKB550/WS627/NTK(FRONTIER)の評価と紹介

グラボ RTX 4060Ti & CPU Core i5-14400

2つ目の組み合わせは、グラボ RTX 4060Ti & CPU Core i5-14400です。

1つ目の組み合わせ、グラボ RTX 4060Ti & Ryzen 7 5700Xとほとんど同等のスペックになります。そのため、fps値などは変わりませんが、CPUはやっぱりIntelが良いという方におすすめです。

CPUに対してのコスパとしては、Ryzen 7 5700Xの方が良いので、PC価格はCore i5-14400搭載モデルの方が、若干高くなります。

予算20万円を超えずにIntelCPUで、平均240Hz(fps)を出したい方は、RTX 4060Ti & Core i5-14400の組み合わせ一択です。

RTX 4060Ti & Core i5-14400のおすすめPC(コスパ×信頼性重視)

FRGKB760/WS501/NTK

価格:179,800円(税込)/ グラボ:GeForce RTX 4060Ti / CPU:Core i5-14400F / CPUクーラー:DeepCool AK400 / メモリ:DDR4-3200 32GB / ストレージ:SSD 1TB NVMe対応 / 電源:600W 80PLUS BRONZE / OS : Windows 11 Home

FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCモデルになります。RTX 4060TiとCore i5-14400搭載モデルの中で、優れたコスパを誇る一台です。

グラボのRTX 4060Tiは、WQHD環境や、フルHD高フレームレート環境でのゲームプレイが可能です。CPUのCore i5-14400は、グレード5ながらグレード9の3世代前、Core i9-11900をも上回るコア数とパフォーマンスを持ちます。

メモリはDDR4-3200 32GB、ストレージ容量はSSD 1TBと、クリエイターの方にも嬉しい容量です。電源ユニットは600W BRONZEと、全パーツの消費電力に対して、非常に余裕のある容量になります。

フロンティアの台数限定セールで安くなっているモデルなので、購入を検討している方は早めの購入を検討下さい。

FRGKB760/WS501/NTK(FRONTIER)の評価と紹介

グラボ RTX 4070 SUPER & CPU Core i7-14700

3つ目の組み合わせは、グラボ RTX 4070 SUPER & CPU Core i7-14700です。

APEXやFORTNITEで最高画質設定(フルHD)にしていても、平均240Hz(fps)を出せ始める組み合わせになります。なお、VALORANTでは最高画質設定(4K)においても、平均250Hz(fps)ほど出せるスペックです。

グラボ RTX 4070 SUPER & CPU Core i7-14700のPC相場は、26万円ほどです。ハイクラスに属する、グラボとCPUの組み合わせになります。

予算25万円程で、フルHD画質最高設定において、平均240Hz(fps)を確実に出せるようになる、ゲーミングPCが欲しい方におすすめです。

RTX 4070 SUPER & Core i7-14700のおすすめPC(コスパ×信頼性重視)

FRGKB760/WSA/NTK

価格:255,800円(税込)/ グラボ:GeForce RTX 4070 SUPER / CPU:Core i7-14700F / CPUクーラー:DeepCool AK400 / メモリ:DDR4-3200 32GB / ストレージ:SSD 1TB NVMe対応 / 電源:750W 80PLUS GOLD / OS : Windows 11 Home

FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCモデルになります。RTX 4070 SUPERとCore i7-14700の組み合わせで、優れたコスパを誇る一台です。

グラボのRTX 4070 SUPERは、4K高フレームレート環境でのゲームプレイが可能です。CPUにはインテル14世代の最新物、Core i7-14700を搭載しています。20コア28スレッドと素晴らしく、1世代前のCore i7-13700とCore i9-13900の、中間性能を持つCPUです。

メモリはDDR4-3200 32GB、ストレージ容量はSSD 1TBと、クリエイターの方にも嬉しい容量です。電源ユニットは750W GOLDと、全パーツの消費電力に対して、非常に余裕のある容量になります。

フロンティアの台数限定セールで安くなっているモデルなので、購入を検討している方は早めの購入を検討下さい。

FRGKB760/WSA/NTK(FRONTIER)の評価と紹介

RTX 4070 SUPER & Core i7-14700のおすすめPC(コスパ重視)

A2-Gamingバトル/BMM006 SUPER

価格:219,800円(税込)/ グラボ:GeForce RTX 4070 SUPER / CPU:Core i7-14700F / CPUクーラー : Intel純正CPUクーラー / メモリ:DDR4-3200 32GB / ストレージ:SSD 500GB Gen4 NVMe対応 / 電源:750W 80PLUS BRONZE / OS : Windows 11 Home

駿河屋のゲーミングPCモデルになります。RTX 4070 SUPERとCore i7-14700の組み合わせで、トップクラスのコスパを誇る一台です。

グラボのRTX 4070 SUPERは、4K高フレームレート環境でのゲームプレイが可能です。CPUにはインテル14世代の最新物、Core i7-14700を搭載しています。20コア28スレッドと素晴らしく、1世代前のCore i7-13700とCore i9-13900の、中間性能を持つCPUです。

メモリはDDR4-3200 32GB、ストレージ容量はSSD 500GB Gen4と、必要十分で価格が抑えられています。電源ユニットは750W BRONZEと、全パーツの消費電力に対して、非常に余裕のある容量です。

フロントに2つのファンが付いたケースを採用しており、エアフローも十分です。駿河屋は2023年に、BTOPCを取り扱い始めたばかりですが、圧倒的なコスパの良さから、売れ筋をキープしているBTOメーカーになります。また自作PCユーザーにも人気な製品へ、カスタマイズ出来るのも良い点です。

A2-Gamingバトル/BMM006 SUPER(駿河屋)の評価と紹介

コスパ重視のゲーミングPCおすすめランキングはこちら

ゲーミングPCおすすめランキング【コスパ重視】