FRGAG-B760M/WS1123(FRONTIER)の評価と紹介

※当ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
※当ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
ws5254060ti13700 ws60840705700 ws5114070ti13700 ws413407013700 ws6154070ti13900 ws589407013700 ws707406013400 ws710407013700 ws721407013700 ws7204070ti13700 ws7224060ti13700 ws7244070ti13900 ws7234060ti16gb13700 ws8094070ti5700 ws82440605600 ws7274070ti13900 ws8244060ti5600 frontier pickup ws90740605600 ws9084070ti137002tb ws9084060ti5700 ws914407013400 ws921407013700 ws9214070ti5700 ws10264070ti13700 ws11094070ti13700 ws1109407013700 ws11104070ti13700 ws1116407013700 ws11174060ti5700 ws111640705700 ws1124407013700 ws11234060ti13700

FRGAG-B760M/WS1123を購入するか、悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

FRGAG-B760M/WS1123は、RTX 4060TiとCore i7-13700の組み合わせで、最安値を誇るゲーミングPCです。

本記事では、FRGAG-B760M/WS1123と併せて、コスパの良いゲーミングPCや、FRONTIERのおすすめPCについても紹介しますので、是非参考にして下さい。

FRGAG-B760M/WS1123の構成

価格:184,800円(税込)/ CPU:Core i7-13700F / GPU:GeForce RTX 4060Ti / メモリ:DDR4-3200 32GB / ストレージ:SSD 1TB Gen4+512GB NVMe対応 / 電源:600W 80PLUS BRONZE / OS : Windows 11 Home

FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCモデルになります。RTX 4060TiとCore i7-13700搭載モデルの中で、最安値を誇る一台です。

グラボのRTX 4060Tiは、WQHD環境や、フルHD高フレームレート環境でのゲームプレイが可能です。CPUにはインテル13世代の最新物、Core i7-13700を搭載しています。16コア24スレッドと素晴らしく、グレード9の12世代、Core i9-12900をも上回るパフォーマンスです。

メモリはDDR4-3200 32GB、ストレージ容量はSSD 1TB Gen4+512GBと、クリエイターの方にも嬉しい容量です。電源ユニットは600W BRONZEと、全パーツの消費電力に対して、余裕のある容量になります。

新GAシリーズのケースを採用しており、エアフローも十分です。ロンティアの台数限定セールで安くなっているモデルなので、購入を検討している方は早めの購入を検討下さい。

RTX 4060TiとCore i7-13700の組み合わせ相場

RTX 4060TiとCore i7-13700の組み合わせ相場は、現時点で約215000円です。

FRONTIERのゲーミングPCモデルを除いた最安値は、アークの約185000円となっています。ただしアークのモデルは、メモリがDDR4-3200 16GB、ストレージがSSD 512GBです。

現時点においてFRGAG-B760M/WS1123は、RTX 4060TiとCore i7-13700の組み合わせで、間違いなく最安値と言えるでしょう。

FRGAG-B760M/WS1123の可能なプレイ環境

FRGAG-B760M/WS1123は、WQHD環境下でゲームプレイができます。また、フルHD高フレームレート環境下でのゲームプレイも可能です。

Apex LegendsやFortniteはフルHD画質最高設定で、平均170fpsを出せるほどの性能です。画質設定を競技設定に下げれば、平均220fpsに持っていくのも容易でしょう。

現在グラボのRTX 4060Tiは、ハイクラスにおいて最も価格が安いグラボです。CPUのCore i7-13700Fは、クリエイター作業もお手の物な、高性能CPUになります。

FRGAG-B760M/WS1123のパーツごと解説

各パーツについて解説をしていきます。またキーボードなど、ゲーミングPCの付属品として買うのに、不要な製品は解説せずに飛ばしていきます。

キーボードなどは、評価の高い製品を、別途Amazonなどで購入するのがおすすめです。解説がない項目は、標準または無しで構いません。

OS

OSは、Windows 11 Homeが構成されています。現時点においてはWindows 10よりも歴史が浅く、安定性は少し劣ります。

ですがゲーマーが使う主要なソフトにおいて、問題が起こることは無いので、標準で良いでしょう。

CPU

CPUは、Core i7-13700Fが採用されています。CPUはゲーミングPCを統制する、人間でいう脳の部分です。

Core i7-13700Fはグレード7ながら、グレード9の1世代前、Core i9-12900をも上回る性能を持ちます。現時点において、コスパが高いとされるCPUの一つです。Core i7-13700Fなら、性能が足りない作業は、ほぼほぼないでしょう。

CPUクーラー

CPUクーラーはCPUは勿論、PCとしての寿命を長持ちさせるために、排熱を冷却する役割を持つパーツです。FRGAG-B760M/WS1123では、サイドフロー型の空冷CPUクーラーが採用されています。

サイドフロー型の空冷CPUクーラーは、水冷CPUクーラーと比べて、CPUに対しての冷却機能では劣る製品が多いです。静音性は主にCPUクーラーの大きさと回転数で決まるので、全体で見たときに水冷と空冷で大差はありません。

自作PCユーザーにも人気の、安心CPUクーラーである、DeepCool AK400が採用されています。高い冷却性と、圧倒的な静音性を持つCPUクーラーです。予算に余裕があるならば、より13世代CPUの性能を出せる、水冷CPUクーラーへのアップグレードをおすすめします。

CPUグリス

CPUグリスは、CPUクーラーと同様、CPUの寿命を長持ちさせるために、排熱を冷却する役割を持つパーツです。

カスタマイズの優先度は他パーツよりも劣りますが、CPUクーラーの冷却を、CPUに伝える役割を持つので、ある程度の品質は欲しい所です。予算に少しでも余裕があるならば、熱伝導率が12.0Wを超える、グリスへのカスタマイズをしましょう。

メモリ

メモリは、DDR4-3200 32GBが構成されています。メモリはゲームやブラウザを使っている時、一時的に情報を保存する場所です。人間でいう短期記憶ですね。

メモリは32GBもあれば、タルコフなどの新しく重いゲームも十分出来ます。配信者の方や、4K動画を編集する動画編集者の方など、クリエイターの方にも非常に嬉しい容量です。イラストレーターの方は、64GBへのカスタマイズをおすすめします。

NVMeSSD[1st]

ストレージは、SSD 1TB+512GBが構成されています。ストレージはゲームや動画を保存しとく場所ですね。

ゲームをインストールする時に、何GBと表示されるゲームの容量を保存する場所が、1TB+512GBということです。1TB+512GBもあれば、最新の重いゲームを含めても多くのゲームをインストール出来ます。十分な容量でしょう。極力ゲームのアンインストールをしたくない方は、2TBへのカスタマイズをおすすめします。

また1TBのストレージには、BTOパソコンとしては珍しく、より高速なGen4(PCIe 4.0×4)のSSDが採用されています。

ハードディスク

ハードディスク(HDD)は、動画などのデータ保存に最適です。ですが、ゲーミングPCに内蔵すると消費電力が増えて、電源容量の追加も考えないといけません。

そもそもファイルを多く保存しない方は無しで良いですし、こだわりがないなら、Amazonで外付けHDDを別途買い足すのが良いでしょう。

グラフィックス

グラフィックは、RTX 4060Tiが搭載されています。グラフィック(GPU)の役割は、映像をモニターに映す役割です。つまり、ゲーミングPCにおいて1番重要なパーツと言えます。

RTX 4060Tiは、現時点においてハイクラスに属す、最新物のグラフィックボードです。2023年5月に発売が開始しており、RTX 3070同等の性能を持ちます。電力効率の良さや、RTX 4000シリーズが持つDLSS3対応といったメリットがあるため、RTX 4060Tiがおすすめです。

光学ドライブ

光学ドライブは、DVDを読み込める役割を持つパーツです。今時DVDを使う機会はあまりないので、無しで問題ありません。DVDを使う機会がある方は、選択しても良いでしょう。

マザーボード

マザーボードは、各PCパーツを接続するPCの基盤になります。高価になればなるほど、見た目や拡張性、品質が良くなるパーツです。

基本的には、モデルのスペックに合ったサイズや品質のマザーボードを、BTOメーカー側が採用しています。

電源

電源ユニットはその名の通り、各PCパーツに電力を送る装置です。FRGAG-B760M/WS1123では、600W 80PLUS BRONZEが構成されています。スペックに対して、余裕のある容量です。

電源ユニットのBRONZEやGOLDというのは、電気効率の良さであり光熱費の削減になります。600Wの電源ユニットの時点で、定格クロック時の消費電力に対しての余裕は十分あります。よりCPUの性能を出すために、電力制限解除を解除したい方、光熱費を安く抑えたい方は、850W GOLDへのアップグレードがおすすめです。

PC版ゲームをプレイする方におすすめのデバイス

ゲーミングマウス

Logicool G PRO X SUPERLIGHT

PC版FPSゲームを最高の環境でプレイしたい方に、おすすめのゲーミングマウスになります。Logicool G PRO X SUPERLIGHTは、Logicool史上最速+最軽量のゲーミングマウスです。万人ウケするシンプルな形状と見た目も、高く評価されています。

価格は若干高価ですが、プロゲーマーの約4割(prosettings.net参照)が使用しているマウスである点から、常に売れ筋をキープしているゲーミングマウスです。PC版FPSをプレイする方に、間違いなくおすすめ出来るゲーミングマウスになります。重量は若干重くなりますが、安価で済ませたい方は、Logicool G Pro Wirelessもおすすめです。

ゲーミングモニター

BenQ ZOWIE XL2546K

PC版FPSゲームを最高の環境でプレイしたい方に、おすすめのゲーミングモニターになります。BenQ ZOWIE XL2546Kは、低遅延のみならず、明るい場所を露出しすぎず暗いシーンでの視認性を高める、Black eQualizerなどの技術が高く評価されています。

価格は高価ですがプロゲーマーの愛用者の多さから、常に売れ筋をキープしているゲーミングモニターです。PC版FPSで240fpsを初体験する方に、打ってつけのゲーミングモニターになります。144fpsを主体でFPSゲームをプレイする方、安価で済ませたい方は、BenQ ZOWIE XL2411Kもおすすめです。

BenQ MOBIUZ EX2710Q

PC版ゲームを、WQHD解像度の綺麗な映像+滑らかな映像でプレイしたい方に、おすすめのゲーミングモニターになります。BenQ MOBIUZ EX2710Qは、IPSパネルの綺麗な映像に加え、モニター付属のスピーカーとしては高品質な、treVoloスピーカーを採用している点が高く評価されています。

価格は若干高価ですが、別途スピーカーを購入しなくて良い点から、売れ筋をキープしているゲーミングモニターですWQHD144fpsでPC版ゲームを初体験する方に、おすすめのゲーミングモニターになります。安価で済ませたい方は、フルHDモデルのBenQ MOBIUZ EX2510S。4K解像度を楽しみたい方は、BenQ MOBIUZ EX3210Uもおすすめです。

FRONTIERゲーミングPCおすすめはこちら

当ブログでおすすめする、FRONTIERのゲーミングPCをまとめた記事になります。

【最新】FRONTIERのおすすめゲーミングPC

ゲーミングPCコスパおすすめランキングはこちら

当ブログがコスパを重視して選んだ、おすすめゲーミングPCランキングです。

ゲーミングPCおすすめランキング【コスパ重視】