A2-Gamingバトル/BMM006(駿河屋)の評価と紹介

※当ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
※当ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
407013700

A2-Gamingバトル/BMM006(A2-GamingBattle/R47-BMM006)を購入するか、悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

A2-Gamingバトル/BMM006は、RTX 4070とCore i7-14700の組み合わせで、最安値を誇るゲーミングPCになります。

本記事では、A2-Gamingバトル/BMM006と併せて、コスパの良いゲーミングPCや、FRONTIERのおすすめPCについても紹介しますので、是非参考にして下さい。

A2-Gamingバトル/BMM006の構成

価格:207,800円(税込)/ CPU:Core i7-14700F / グラボ:GeForce RTX 4070 / メモリ:DDR4-3200 32GB / ストレージ:SSD 500GB Gen4 NVMe対応 / 電源:750W 80PLUS BRONZE / OS : Windows 11 Home

駿河屋のゲーミングPCモデルになります。RTX 4070とCore i7-14700の組み合わせで、破格の最安値を誇る一台です。

グラボのRTX 4070は、4K環境や、WQHD高フレームレート環境でのゲームプレイが可能です。CPUにはインテル14世代の最新物、Core i7-14700を搭載しています。20コア28スレッドと素晴らしく、1世代前のCore i7-13700とCore i9-13900の、中間性能を持つCPUです。

メモリはDDR4-3200 32GB、ストレージ容量はSSD 500GB Gen4と、必要十分で価格が抑えられています。電源ユニットは750W BRONZEと、全パーツの消費電力に対して、余裕のある容量です。

フロントに2つのファンが付いたケースを採用しており、エアフローも十分です。駿河屋は2023年に、BTOPCを取り扱い始めたばかりですが、圧倒的なコスパの良さから、売れ筋をキープしているBTOメーカーになります。また自作PCユーザーにも人気な製品へ、カスタマイズ出来るのも良い点です。

RTX 4070とCore i7-14700の組み合わせ相場

RTX 4070とCore i7-14700の組み合わせ相場は、現時点で約245000円です。

駿河屋のゲーミングPCモデルを除いた最安値は、FRONTIERの価格.com限定モデル、約240000円となっています。FRONTIERのモデルは、メモリがDDR4-3200 16GBです。

現時点においてA2-Gamingバトル/BMM006は、RTX 4070とCore i7-14700の組み合わせで、間違いなく最安値と言えるでしょう。

A2-Gamingバトル/BMM006の可能なプレイ環境

A2-Gamingバトル/BMM006は、4K環境下でゲームプレイができます。また、WQHD高フレームレート環境下でのゲームプレイも可能です。

Apex LegendsやFortniteはフルHD画質最高設定で、平均220fpsを出せるほどの性能です。画質設定を競技設定に下げれば、平均270fpsに持っていくのも容易でしょう。

現在グラボのRTX 4070は、ハイクラスで最も性能が良いグラボです。CPUのCore i7-14700Fは、4K動画の編集や3D制作などの重いクリエイター作業もお手の物な、高性能CPUになります。

A2-Gamingバトル/BMM006のパーツごと解説

各パーツについて解説をしていきます。また駿河屋オリジナルPCは、「オリジナルPC用オプション」との同時購入で、PCのカスタマイズが可能です。キーボードなどは、評価の高い製品を、別途Amazonなどで購入するのがおすすめです。

プリインストールOS

OSは、Windows 11 Homeが構成されています。現時点においてはWindows 10よりも歴史が浅く、安定性は少し劣ります。

ですが皆さんが使うような主要なソフトで、問題が起こることは無いので、問題はありません。

CPU

CPUは、Core i7-14700Fが採用されています。CPUはゲーミングPCを統制する、人間でいう脳の部分です。

Core i7-14700Fは、1世代前のグレード7、Core i7-13700よりもコア数が4コア増えて、性能が上がっています。3D制作などの重たいクリエイター作業にも、対応出来るCPUです。Core i7-14700Fなら、性能が足りない作業は、ほぼほぼないでしょう。

メモリ

メモリは、DDR4-3200 32GBが構成されています。メモリはゲームやブラウザを使っている時、一時的に情報を保存する場所です。人間でいう短期記憶ですね。

メモリは32GBもあれば、タルコフなどの新しく重いゲームも十分出来ます。配信者の方や、4K動画を編集する動画編集者の方など、クリエイターの方にも非常に嬉しい容量です。

グラフィックス

グラフィックは、RTX 4070が搭載されています。グラフィック(GPU)の役割は、映像をモニターに映す役割です。つまり、ゲーミングPCにおいて1番重要なパーツと言えます。

RTX 4070は、現時点においてハイクラスに属す、最新物のグラフィックボードです。2023年4月に発売が開始しており、RTX 3080同等の性能を持ちます。電力効率の良さや、RTX 4000シリーズが持つDLSS3対応といったメリットがあるため、RTX 4070がおすすめです。

ストレージ容量

ストレージは、SSD 500GBが構成されています。ストレージは、ゲームや動画を保存しとく場所ですね。ゲームをインストールする時に、何GBと表示されるゲームの容量を保存する場所が、500GBということです。

A2-Gamingバトル/BMM006は、価格を抑えるためにSSD 500GBが採用されています。ですが最近は容量が大きいゲームが多いので、500GBだとすぐに容量が埋まってしまうでしょう。1TBあれば、多くのゲームをインストール出来るので、おすすめです。極力ゲームのアンインストールをしたくない方は、2TBへのカスタマイズをおすすめします。

またBTOパソコンとしては珍しく、より高速なGen4(PCIe 4.0×4)のSSDを採用しており、品質が良いSSDです。

電源

電源ユニットはその名の通り、各PCパーツに電力を送る装置です。A2-Gamingバトル/BMM006では、750W 80PLUS BRONZEが構成されています。スペックに対して、非常に余裕のある容量です。

電源ユニットのBRONZEやGOLDというのは、電気効率の良さであり、わずかですが光熱費の削減になります。750Wの電源ユニットであれば、定格・電力制限解除時共に、消費電力に対しての余裕は十分です。GOLD認証ではありませんが、壊れやすくなるなどのデメリットはありませんし、BRONZE認証で十分です。

マザーボード

マザーボードは、各PCパーツを接続するPCの基盤になります。高価になればなるほど、見た目や拡張性、品質が良くなるパーツです。

基本的には、モデルのスペックに合ったサイズや品質のマザーボードを、BTOメーカー側が採用しています。

光学ドライブ

光学ドライブは、DVDを読み込める役割を持つパーツです。今時DVDを使う機会はあまりないので、無しで問題ありません。

CPUクーラー

CPUクーラーはCPUは勿論、PCとしての寿命を長持ちさせるために、排熱を冷却する役割を持つパーツです。A2-Gamingバトル/BMM006では、空冷CPUクーラーが採用されています。

空冷CPUクーラーは、水冷CPUクーラーと比べて、CPUに対しての冷却機能では劣る製品が多いです。静音性は主にCPUクーラーの大きさと回転数で決まるので、全体で見たときに水冷と空冷で大差はありません。

A2-Gamingバトル/BMM006では、Intelの純正クーラーを採用しています。よりCPUの性能を出すための電力制限解除をしない、定格クロックでの運用であれば、十分な冷却性を持ちますが、静音性は低いです。最低でもDeepCool AK400へのカスタマイズをおすすめします。

電力制限解除をする方は、空冷ならDeepCool AK620、水冷ならDeepCool LE720へのアップグレードがおすすめです。

CPUグリス

CPUグリスは、CPUクーラーと同様、CPUの寿命を長持ちさせるために、排熱を冷却する役割を持つパーツです。

カスタマイズの優先度は他パーツよりも劣りますが、CPUクーラーの冷却を、CPUに伝える役割を持つので、ある程度の品質は欲しい所です。

A2-Gamingバトル/BMM006は、標準で高品質なグリスが採用されているので、問題ありません。

ネットワーク

ネットワークは、インターネットへの接続方法を指します。ゲーミングPCユーザーは、家のWi-fiの有線接続をするのが主流です。ただ、家庭の事情で有線を繋げないのであれば、別途Amazonで無線LANを購入するのが良いでしょう。

筐体

筐体は、PCケースを指します。見た目が良いPCにしたい方は、自作PCユーザーにも人気のPCケース、NZXT H9 Eliteへのカスタマイズがおすすめです。

ただしH9 Eliteは、エアフローも良いケースとは言えません。カスタマイズする場合は、CPUの熱を直接吸い取って、PCケース外に出せる、水冷CPUクーラーへのカスタマイズがおすすめです。またカスタマイズする際は、【BMM/XBM/XPMシリーズ限定】と付いたオプションを選択するように、お気を付け下さい。

ゲーミングPCコスパおすすめランキングはこちら

当ブログがコスパを重視して選んだ、おすすめゲーミングPCランキングです。

ゲーミングPCおすすめランキング【コスパ重視】